« 「被害者参加制度」の模擬裁判 | トップページ | 「ブラックリスト」とは? »

2008年5月11日 (日)

BOφWY

今日はあまり意味のない日記ですが。

テレビ朝日「スマステ」(http://www.tv-asahi.co.jp/ss/)を観てたら、「80年代ニューミュージックBEST20(邦楽)」という特集をやっていました。
ランキングは、20位・バービーボーイズから始まり、1位はBOφWY!

実は僕、小学校時代に姉の持っていたBOφWYのテープをこっそり聞いて衝撃を受けて以来の、熱狂的BOφWYファンです。僕の実家の部屋の壁にはまだ、BOφWYの「のれん」が、クロマティのポスターと並んでかかっているはずです。
そして30を超えた今でもBOφWY好きは変わらず(妻には冷たくあしらわれつつ)、うちには「コンプリート」のブラックボックスが今でも大事にしまわれています。

その後音楽の趣味はいろいろ広がったはずなのに、またファッションの趣味もかなりかわったはずなのに、今でもBOφWYを見ると「カッコいい!!」と興奮してしまうのは、いったい、なぜなのでしょう。これはもはや原始的肉体反応ですね。幼児(?)体験って、おそろしいものです。

でも、数えてみれば解散からもう20年…早いですね。って、BOφWYリアルタイムでない方には、この感慨は伝わらないか。

今うちの事務所の中のごく一部では80年代ブームが巻き起こっている(というか、C-C-B再結成以来、まわりに押し付けている)ので、来週はBOφWYのCDとビデオを、事務所に持っていくことにします。(^^)v

待ってろよ~。

|

« 「被害者参加制度」の模擬裁判 | トップページ | 「ブラックリスト」とは? »