« 「取調べの可視化」 | トップページ | 犯罪報道(加害者・被害者氏名)は匿名であるべきか(広島の事件から考える・その2) »

2006年7月14日 (金)

ニール・ヤング新譜

ニフティさんのメンテナンスのためここ数日更新ができず、失礼いたしました。

さて、突然ですが、私はロック・ファンです。

というわけで忙しさにかまけたロック離れを反省し、最近久々にCDを買い、ニール・ヤングの新作「リビング・ウィズ・ウォー」を聴きました。

聴いてみると内容は「反戦」一色。強烈な反戦アルバムです。

私は「反戦運動」のありかたについてシニカルに見てしまうときがあるのですが(そしてそのような見方をしている自分を反省するときもあるのですが)、このアルバムのストレートさはよいと思います。反戦に本来は、照れも遠慮も何もない。ストレートでいいじゃないですか。

ワーナーミュージックジャパンの公式HPはこちら→
http://www.neilyoung.com/

ニール・ヤング公式HPはこちら→
http://www.wmg.jp/artist/neilyoung/

そしてこのアルバムのブログはこちら→
http://livingwithwar.blogspot.com/

以下、タイトル曲の歌詞を一部ご紹介します。
※訳は私がつけたもので、かなり意訳していることをご了解ください。

(原歌詞)
I'm living with war everyday
I'm living with war in my heart everyday
I'm living with war right now

And when the dawn breaks I see my fellow man
And on the flat-screen we kill and we're killed again
And when the night falls I pray for Peace
Try to remember Peace
I join the multitudes
I raise my hand in Peace
I never bow to the laws of the thought police
I take a holy vow
To never kill again
To never kill again

(訳)
僕のそばにはいつも戦争がある
僕の心の中にもいつもある、今もある

日暮れ、僕は仲間の姿を見る
スクリーンでは僕らが殺し殺されている
夜になって、僕は祈る 平和のために

平和を思い出そうよ

僕は群衆に加わり、
平和を求めこぶしを振り上げる
特高には負けないよ

誓うんだ“もう殺さない”

|

« 「取調べの可視化」 | トップページ | 犯罪報道(加害者・被害者氏名)は匿名であるべきか(広島の事件から考える・その2) »