« 山口・光市事件最高裁判決 | トップページ | オーバービークル »

2006年6月21日 (水)

映画「あんにょん・サヨナラ」

以下のとおり、映画「あんにょん・サヨナラ」の上映&トークがあるようです。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
 「あんにょん・サヨナラ」劇場公開記念イベント
  『 靖 国 を 語 る 』
森達也さん(ドキュメンタリー監督)+
高橋哲郎さん(元日本軍兵士)+日韓学生
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
◆日 時 2006年6月23日(金)
       19時~21時(18時半開場)
◆場 所 Space&Cafeポレポレ坐
(東中野駅から徒歩2分 。「ポレポレ東中野」の1F)
◆参加費 参加費 一般:800円 学生:500円
◆ お問い合せ:「あんにょん・サヨナラ」上映委員会

戦争中の「愛国心」教育はどんなものだったのか。
今の韓国での「愛国心」教育は。
日本の若者は「愛国心」をどう感じているのか。
そして靖国神社とは。
身近なところに存在する「愛国心」教育の問題をテーマに
映画監督でドキュメンタリー作家森達也さんと語る。

(6月23日は「あんにょん・サヨナラ」の上映は行いません)

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓★
    「あんにょん・サヨナラ」劇場公開決定!
  - - - - - - - - - - - - 
  7月8日(土)~ ポレポレ東中野(東京)
①12:30~/②14:40~/③16:50~/④19:00~
   7月15日(土)~シネヌーヴォ(大阪)
   15日~モーニング 29日~レイト
   特別鑑賞券¥1,300(税込)絶賛販売中!
(当日/一般:1500円 18歳以上学生:1300円 中高生・シルバー:1000円)

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓★

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
 ポレポレ東中野劇場上映中イベント
  李熙子さん(韓国人遺族) +
高橋哲哉さん(東京大学教授) +
鈴木邦男さん(一水会顧問)
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
◆日 時:2006年7月9日(日)
       19時~(※『あんにょん・サヨナラ』の上映はございません)
◆場 所:ポレポレ東中野(東中野駅から徒歩2分)
◆ 参加費:トークのみ参加 当日700円均一
    「あんにょん・サヨナラ」の映画チケット(半券)提示で500円

◆お問い合せ:「あんにょん・サヨナラ」上映委員会

全くの平行線になるのか、それとも接点はあるのか・・・、
本音でぶつかり合うトークです。

その他のイベント(上映に来てくださった方は引き続きご参加いただけます)
7月8日(土)①上映終了後/李熙子さん&加藤久美子監督
7月15日(土)③上映終了後/キム・テイル監督&加藤久美子共同監督
7月16日(日)①終了後/キム・テイル監督&土本典昭監督
7月17日(月)①終了後/キム・テイル監督&ジャン・ユンカーマン監督
場所:すべてポレポレ東中野
上映時間:①12:30~/②14:40~/③16:50~/④19:00~

*・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・*
  日韓共同ドキュメンタリー
「あんにょん・サヨナラ」
*・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・*
◆「あんにょん・サヨナラ」とは
靖国をテーマにした日韓共同ドキュメンタリーです。
タイトルには「日韓の辛い過去にサヨナラ、
和解と未来よ、こんにちは」という意味がこめられています。

◆ストーリー
李熙子(イ・ヒジャ)の父はアジア太平洋戦争中に
日本軍に徴用され、中国で戦死した。
日本政府から、父について何の通知もなく、
彼女が父の死の詳細を知るのは90年代に入ってからのこと。
その上、父は遺族の知らないうちに靖国神社に合祀されていた。
父の命日に、父が死んだ場所へと旅するイ・ヒジャを追い、
在韓遺族にとっての合祀の意味を訊ねる。
墓石にアボジの名前を彫れるその日までー。
イ・ヒジャの願いを共に叶えようとする日本の友人の姿は、
イ・ヒジャの旅に新たな意味をもたらした。

◆2005年/107分/DV/日本・韓国
 監督 キム・テイル  共同監督  加藤久美子
 助監督 ジヘ

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 主催・お問い合わせ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
  あんにょん・サヨナラ上映委員会
  tel/fax 03-3403-1902
  email. ann-sayo@hotmail.co.jp

|

« 山口・光市事件最高裁判決 | トップページ | オーバービークル »